って自分にい

2015年08月12日/ HKUE 認可性



「運転はどうでした?」
「右ハンドルにはさほど抵抗がなかったんですけど、対向車が右側から来るのは少し怖かったです。でも直進している間は、左側通行をさほど意識せずに済んでいました」
「直進の間はね。しかし交差点で曲がる必要があった」
 その時のことを思い出しているのだろうか、由利子は目を閉じた。
「交差点に入る直前までは、曲がったあとも左側Neo skin lab 美容車線に入るんだぞいきかせていたんです。ところが信号のことをちょっと気にした途端、ふらふらと反対側車線に入っていました。あっと思った時は遅くて……」
 両手で顔を覆った。その指の間から涙が流れる。
「よくあることです」
 慰めるつもりで織田はいった。「もっともあなたとは逆に、日本人ドライバーが海外に行った場合のことですがね。咄嗟の時、ついいつもの癖が出る」
 織田が持っているガイドブックにも書いてある。発進時と左折時に左側車線に入ってしまうドライバーが多い、と。立場を逆にすれば、米国で免許を取ったドライバーは、右折時に反対車線に入ることが多いということになる。由利子のケースがまさにそれだった。ハンドル位置や車線、すべてが鏡に映したように逆なのだから無理もない。
「あわてて外に出ると、バイクの人は倒れて全く動きませんでした。どうしようかと思いました。こんな大事な時に、大変なことになってしまった……と」
「大事な時、つまりオリンピックを来年に控えて、ということですか」
 彼女はこくりと頷いた。
「人身事故を起こしたら、どんなに成績がよくてもオリンピックには出Amway安利場できないと思いました。仮に選ばれても、辞退しなくちゃならないでしょう」
 何年か前にもそういうことがあったなと織田は記憶を探っていた。あれは冬季五輪だ。メダルを狙える日本の名ジャンプ選手が、人身事故を起こして出場を辞退したのだ。本人は無論そうだろうが、ファンまでもが大いに悔しい思いをしたものだ。
「そうしたら中野さんがおっしゃったんです。ここは何とかするから逃げろって」
「自分が運転していたことにしようと考えたわけだ」
「はい。それであたし、とにかくその場を離れなきゃいけないと思って走り出したんです。そうしたら途中で人に呼びとめられました。びっくりして声のした方を見ると、知らない人が車の中から呼んでいるんです」
 そういうことか、と織田は納得した。
「それが三上さんだったのか」
「三上さんは事故のようすを目撃していて、あたしが逃げ出すところも見ていたんです。あたしが誰なのかも御存知でした。事情はわかっているから早く乗りなさい。部屋まで送ってあげるから――そうおっしゃいました」
 三上の狙いは何だったのだろうと織田は考えた。単に女子マdream beauty pro新聞ラソンのファンなのか。そうではあるまいと思った。ここで恩を売っておき、後で独占取材か何かの形で返してもらおうと計算したのではないか。あの男の仕事はフリーライターだった。
「ここに戻ってきてから、すぐに監督に相談しました。すごく叱られました。そのあと、とにかくおまえは何も知らなかったことにするんだといわれて……」
「なるほどね」  

Posted by 時光輪回 at 15:53Comments(0)

回首時已是天人永隔

2015年06月11日/ HKUE 認可性





念你,你在夢裏,而我在盼你;

念你,你在心裏,而我在想你;

念你,你在命裏,而我無法觸及你……

人們總說世上最遠的距離,是我在這裏,而你you beauty 美容中心好唔好卻不知;殊不然,最遠的是生死相依,卻生死相離;

每一年的油菜花開,是最不忍睹的風情,年年歲歲花相似,歲歲年年人不同,如果我們都還在,什麼都可以說,什麼都可以談,什麼恨都可以用時間來磨滅,什麼愛都可以彌補,可是當你化作一抹黃土,而我只剩下無聲的歎息和無盡的想念,你在哪里?我還在這裏,只為等你!

你最後住過的房子,最後走過的那條路,最後看過的那個人,我都沒有勇Neo skin lab 美容騙子氣再去面對,你知道嗎?我依然還是這麼恨他!不敢面對,是因為他太像你!

我想你是念我的,因為夢裏常常有你,還是那麼可憐的樣子,還是那麼落魄的樣子,可這樣也好,這樣真實,我才不覺得這只是夢而已!

念你了,你知道嗎?離別的人也該回鄉了,而你還在哪里?我們曾HKUE 認可性生死相依,我的童年裏,最多的是你,你教會我哭,教會我笑,教會我愛,也教會我恨。

可我還沒有長大,你卻不見了,我找不到你,摸不著你,突然覺得愛不釋手的東西一下子就消失了,我還來不及哭。

每次回家都翻開曾經寫下的日記,好多地方泛黃了,也有當初淚打濕的印記;全是關於你,你到底在哪里?

我知道我再也找不到你,我只是不願承認,你已徹底不屬於我而已。我不敢面對過去,只好逼著自己去努力前行,我不斷的要求自己進步,有一天,我厭倦這樣的自己了,發現自己變成了第二個他;害怕結婚,會忘了你,不斷的提醒自己,卻越是念你。

有一次,我看見我們走在平行的兩條軌道,你說拉著我,我伸出手,卻發現怎麼也夠不著,我停留在原地,看著你們努力靠近彼此的樣子……

明天跑不過死亡,孤獨不可怕,可怕的是沒有時間孤獨,任何的毀滅都沒有死亡來得徹底和乾淨;

寫到這裏,突然好想坐上車回去看看你,看看那片隆起的土地,是否已長滿了花草雜藤,是否已荒蕪很久,是否還有黃錢漫天飛……

我忘了,你走的時候並不富裕……

他們說電視冰箱太複雜,沒有說明;他們說高樓大廈太貴,沒有電梯;他們說雞鴨魚肉太肥,沒有意義……只不過是假的而已,他們好像都很吝嗇!

你笑了嗎?看他們多為你著想!

我知道你什麼都不需要,只想多看看他們而已,死亡,就結束了一切,他們什麼都不追究了。

我念你,因為你曾對我的好;我念你,因為我曾為你付出;我念你,因為看你如此淒苦;我念你,只是為了恨而已……有時候我自己都不清楚,到底我是為了恨而對你念念不忘,還是因為念念不忘才選擇堅持恨……

如果你還在,如果我們依然生死相依,我想我不會像現在這樣,我會很幸福!

可是,你永遠都不會回來了,我們已生死相離!   

Posted by 時光輪回 at 11:42Comments(0)