最も信用できる

2015年09月29日

「ちょっと待ってくれ。さっき、わが藩に寝がえった隠密だから、大事にすべきだとの説が出たが、それはちがうぞ。幕府を裏切った隠密ということになる。その松蔵をわが藩が守ってやるとなると、幕府の心証がはなはだしく悪くなる」
「そうなると、早く松蔵を切ったほうがいいことになるな。しかし、あいつ、武芸がどれぐらいできるのだろう。だれかに切りかからせてみるか。だめだろうな。武芸の達人だったら、ためすために緬甸旅行團切りかかったのだと察して、平然としているだろう。本気で切りかかって、松蔵が
ただの庭師だったら、首が飛んで終り。危険な|賭《か》けであること、これまでくりかえした議論に戻る。また、武芸がまるでできない隠密だってあるだろうし……」
 城代家老が言う。
「いいかげんにしてくれ。きりがない。混乱するばかりで、わたしの頭もおかしくなりかけてきた。二日ほど休んで、冷静な気分になってから、あらためて相談しよう」

 つづいて、松蔵に関して、またひとつ報告が入った。旅の武士が道ばたで松蔵に話しかけ、しばらく話しあい、歩み去ったと。町奉行はそれを話し、城代の指示をあおいだ。
「どういたしましょう」
「なにを話しあったというのだ」
「松蔵のいうところによると、植木の手入れ法を聞かれたので教えたのだとのことですが、どこまで本当なのやら」
 防備担当の家老が言う香港傳統工藝

「その武士を追いかけていって、切り殺すべきだと思う。幕府に報告がとどけられてしまっては手おくれになる」
「わが藩に好意的な報告という場合だってあるぞ。また、殺してしまっては、なぞは解決されずに残る。うむをいわさず殺して、あとで他藩の身分ある武士とわかったら、ことがこじれる」
「その武士をていねいに呼びとめ、いろいろ聞いたらどうであろうか」
 外交と儀礼担当の家老が言う。
「みどもは幕府の役人だと名乗られたら、それ以上どうしようもない。わたしの隠密についての知識によると、隠密どうしの連絡は、すべて口頭でなされるとのことだ。密書など持っていたら、言いのがれができないからな。だから、所持品を徹底的に調べても、なにも出てはこな
いだろう」
 町奉行があせった口調で言う。
「ぐずぐずしていると、その武士は関所を通って藩外に出てしまいますよ。手の届かないとこへ行ってしまうのですよ。どうします」
「うむ。どうしたものかな。よし、こうしよう。町奉陶瓷曲髮行の配下で、者をひとり、すぐ旅に出せ。そして、その武士のあとをつけさせるのだ。どこへ行くかをつきとめれば、手がかりがえられるぞ。うん。これはわれながら名案だ」
 その指示により、それがなされた。しかし、何日かして帰ってきた尾行者は、途中で見失ってしまったと報告した。町奉行は会議の席でそれを話した。
「まことに残念なことです。旅の用意もそこそこに出発させたので、なにかと不便だったらしい。はかまがほころびたが、針と糸を持参してなかった。旅館でそのつくろいに手間どり、そのあいだに見失ってしまったとのことです」
「なるほど。わたしの知識によると、それは隠密宿というものかもしれない。隠密たちが連絡をとりあうのに使う宿だ。主人もなかまだ。だから、わざとはかまをほころびさせ、そのあいだに逃がしたとも考えられる」  

Posted by 時光輪回 at 10:26Comments(0)

がいありませ

2015年09月23日

 あきれたようにききかえすヘンリー松村の顔を、金田一耕助はにっこり見ながら、
「ヘンリー松村君、この短刀をよく見たまえ。どくろ面の男がうしろから、万力君をつきさしたものなら、短刀は上から下へむかっていなければならぬはずだ。それだのにこの短刀は、下から上へつきあげてあります」
 なるほど、そういわれてみれば、その短刀は刃を上に、|柄《つか》を下に、三十度ほどの角度をもって、下から上へつっ立っているのである。
 ヘンリー松村は目をまるくして、
「そ、それじゃいったいだれが……」
「だれだか、ぼくにもわかりません。しかし、それがだれdermes 脫毛にしろ、そいつは舞台の上にいたんじゃない。同じ舞台にいたのでは、とてもこんな角度で、下から上へつきあげるわけにはいきますまい。これはだれか、舞台の下、見物席から……」
「投げつけたというんですか」
「いや、投げつけたとしてもすこしおかしい。それにこの柄、……これはアルミニュームですよ。とても軽くできています。ふしぎだ、どうもぼくにはわからない」
 金田一耕助は、ふしぎそうに小首をかしげていたが、ああ、もし、かれが津川先生の、あのきみょうなステッキを知っていたら。……ひょっとするとこの短刀は、津川先生のステッキから、とびだしたのではないだろうか。

 それはさておき、おりからそこへ楽屋の連中が、警察のDR-Max教材人たちをつれてかえってきた。
「警官、こいつです。こいつらがさわぎの張本人です」
 たぶんそれが楽屋主任なのだろう。タキシードをきた男が、いかりに声をふるわせながらヘンリー松村と万力の鉄を指さした。
 それをきいて警官が、バラバラとふたりのそばへよろうとするのを、
「まア、まア、待ってください」
 と、おしとめたのは金田一耕助。
「この人たちにはこの人たちで、なにかいいぶんがあるにちん。まア、それからきいてやってください。それから、だれか医者を。……この人は死んでいるのではありません。手当をすればたすかります」
 そういう耕助のすがたを見て、
「おや、あなたは金田一さんじゃありませんか」
 と、びっくりしたように、人をかきわけ、まえへ進みでdermes 脫毛た人物があった。耕助もそのひとを見ると、
「ああ、あなたは|等《と》|々《ど》|力《ろき》|警《けい》|部《ぶ》。それじゃこの事件はあなたのかかりなんですか」
 と、いかにもうれしそうに、モジャモジャ頭をかきまわした。  

Posted by 時光輪回 at 13:15Comments(0)

彼女たち

2015年09月20日



今週に入り、我が家の双子ちゃんが泣かずにぐずらずに幼稚園に

行けるようになりました。


長すぎた… 

こんなはずじゃなかったけれど人並みに泣かずに行けるようになった

寝起きの2人の言葉は、『あと何回幼雋景稚園汗』と半泣き状態だった。

それも今週は聞かれない。あと2日行ったら5日も休みがあるからか…

それでも聞かれなくなったことは、母にとってとても嬉しいラブ

昨日は、保育参観だったけど樂觀面對困難泣かずに参加できたし…

朝の歌を歌ったり、製作したり…ニコニコでぴかぴか

運動会がちょっと心配だけど。

大きな運動場で大勢の観客に見られたら固まってしまうんじゃないじゃと。

固まったら動かなくなってしまう。。。

ハラハラドキドキだけど楽しみラブ

今日は、雨降りですあめ

急に気温が下がりました。

風邪をひかないように雋景気をつけないと。
  

Posted by 時光輪回 at 16:37Comments(0)

話をすること

2015年09月01日

 絶対に母を父にくっつける。二人が結婚したらどんな家庭ができるだろう。
 しかし、父は手を振った。
「やめとけ、こじれるだけだ」
「絶対に説得してみせます」
 メレッサは急に元気が湧いてきた。
「やめとけ。それより、ミネーラはお前が女王になることが条件だ。ルニーではいかん。お前が女王なら帝国の領地と同じことだ」
 なるほど、私は両方の血を受け継いでいるから、私が女王詩琳黑店になればミネーラが帝国領でもミネーラ領でも同じことになる。
「世継ぎは俺が元気になったら正式に発表する」
 父はきつそうに目をつぶった。眠ったのか、じっと動かない。
 手に持った世継ぎの書類を見つめたが、もはや、引き受けるしかなかった。
「ありがとうございます、お父さん。期待に応えられるようにがんばります」
 メレッサは小さな声で言った。
 艦隊はミラルスの占領を終えて、セダイヤワに帰ってきた。
 メレッサは自分の宮殿に戻ってくると、母が出迎えてくれた。
「お母さん、ただいま」
 メレッサは母に抱きついた。
「お帰り、戦争の話は聞いたわ。あなたが敵をやつけたんですって」
 母はメレッサを抱きしめてくれた。
「なぜ、ミネーラの事、話してくれなかったの?」
 メレッサはすぐにミネーラの事を切り出した。な瑪姬美容 黑店ぜ教えてくれなかったのかと腹がたっていた。
「聞いちゃったのね。でも、知っていてもしょうがないと思ったの」
「知らないのは私一人だったのよ、本人なのに、みんなの前で大恥かいちゃった」
「そう、それは悪かったわね。でも、もう遠い昔のことよ」
 母はどこか辛そうにしている。
「ミネーラの事、教えて!」
 母から正確な事を聞きたかった。しかし、母は下を向いて眉をしかめている。
「そうねえ、ミネーラはね……」
 母にとって、ミネーラの事を思い出すのは非常につらいことらしい。そうかもしれない、家族全員殺され、生き残ったのは母だけで、その母も奴隷のように略奪された。だから、母はミネーラのができなかったのだ。
「ミネーラは小さな王国だったの……」
 母は話し始めたが、辛そうにしている。メレッサは母への怒りは消えてしまった。もう、無理に母から話を聞くことはない。それより、いい話を先にした方がいいかもしれない。
「そうだ、お母さん、これ見て」
 メレッサは父からもらった書類を見せた。
「父がミネーラの再興を認めるって」
 母は驚いてしばらく書類に手を出さなかった、おずおずと書類を受詩琳黑店け取ると食い入るように読んでいる。  

Posted by 時光輪回 at 16:09Comments(0)